高野山研修会

2010121911050000.jpg
高野山 金剛峯寺

以下画像はCDジャケットです。
当時、GLA関西本部事務局にて、このシリーズも私は岸田本部長に提案致しまして作成の快諾を頂き、すぐにマスターCD並びにジャケット作成を完成して頒布予定をしていました。が、音声品質に対する問題があり生産を中止し、残念ながら日の目を見ることはありませんでした。
この場で、ご紹介させて頂きます。
その問題であった聞き取り難い部分の音声内容を文字にしたデータが手元にありますので、いずれこのデータをこの場にて、ご紹介させていただきます。
お聞き苦しい収録ですが、もし聞いてくださった皆さまの何かの糧になるのであったなら、ただ嬉しいばかりです。
−全収録時間 8時間7分−
Reproduction by Windows Media Player



'72 高野山研修会 [前編]
CD 3枚組 - Disc 1 〜 Disc 3 232min

「光の入れ方」 「禅定余話 体験発表」 他
演題 「般若心経の解説」
1972年6月6日〜7日収録 和歌山県 高野山 地蔵院にて

高野山前編 のコピー.jpg

Disc1.mp3

Disc2.mp3

Disc3 track1.mp3
Disc3 track2.mp3
Disc3 track3.mp3


1214729.jpg


2010121913580001.jpg
高野山 地蔵院



'72 高野山研修会 [後編]
CD 4枚組 - Disc 4 〜 Disc 7 255min

演題 「般若心経の解説」 (前編からの続き)
質疑応答、他
1972年6月7日〜8日収録 和歌山県 高野山 地蔵院にて

高野山後編 のコピー.jpg

Disc4.mp3

Disc5.mp3

Disc6 track1.mp3
Disc6 track2.mp3
Disc6 track3.mp3

Disc7 track1.mp3
Disc7 track2.mp3


高野山、そして奥の院は初めて行きました。
日本史歴代の、また、現代の有名人や企業のお墓がありました。知りませんでした・・・。
およその著名人の墓が高野山にあるとは・・・。昭和天皇の御陵もここに。
古くて苔むした、どでかい五輪の塔などを間近に見ながらの、お墓での散策もいいもんです。あまりに墓の多さには・・・(汗
金沢講演会の現象に出てある肥前出身の覚鑁(かくばん=興教大師)に由来する密厳堂もありました。「どう? 中は見える?」などと言いながら、薄暗いお堂の中を眼を凝らしながらお互いに像を探しました。
奥の院に流れている川にはマスみたいな魚が岩穴で、そして見たことがない可愛いらしい小さな小鳥が、川に根を張っていた古木の中で自由に遊んでいました。
しかし、気色悪く胸内がざわざわしたのは金剛峯寺の方でした。
奥の院では、「墓標だけではなく当時のガチャガチャした鎧の姿を墓の前で立って見せてくれたら歴史がわかるったいねぇー。」と、同行して頂いた○○ちゃんに言うたら、「それが、見えんとなら、修行が足りんったい。」「本当の大物は墓には今はおらんったい。もし、おるんやったら(やくざの)チンピラみたいなもんたい!」と言っていた。
なるほど! と、妙に納得した!
それにしても○○ちゃんは九州弁が、うまか(上手な)人たいね。誰に似たとかいねぇー。



Sharing of Data by yuki



【講演の最新記事】
posted by ゆき at 22:04 | 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。